美容皮膚科/ホクロ・イボ
Cosmetic dermatology / Hokuro・Ibo

美容皮膚科/ホクロ・イボ

メスを使わずホクロやイボを目立たなくします

顔や首にあるホクロやイボは気になってしまうものです。これらはレーザーなどを使って目立たなくすることができますのでお悩みの場合はご相談ください。保険治療内でできる場合もあります。ただし、軽い赤みや凹みが残る場合もありますので、医師とよく相談しながら決めましょう。

ホクロとは?

ホクロは皮膚の中にあるメラニン色素を作り出す「母斑細胞」が集まってできたものです。小さいものや大きなもの、平らなものや盛り上がっているものなど、ホクロにも種類があります。盛り上がっているホクロは年月とともに大きくなることがあるので、気になる場合は小さいうちに除去しておくといいでしょう。

ホクロに似てる皮膚がん

ホクロが皮膚がんになるのではありませんが、病変が小さいうちはホクロと見分けがつきにくいものもあります。皮膚がんにも種類があり、足の裏にできやすい「悪性黒色種(メラノーマ)」日本人にもっとも多い頭や顔にできやすく青黒く見える「基底細胞がん」、紫外線の影響が多いと考えられ顔や首、手の甲に発生しやすい「有棘細胞がん」などがあります。気になるホクロができた場合は早めにご相談ください。

イボができる原因・種類

加齢・紫外線のダメージ・摩擦による刺激・ウイルスなど、イボができる原因は様々です。美容皮膚科の相談で多いのは、年配の方の「老人性イボ」(老人性疣贅/ろうじんせいゆうぜい)や、首まわりに小さく細かいイボがたくさんできる「スキンタッグ」(軟性線維腫/なんせいせんいしゅ)です。

ホクロ・イボの主な治療法

  • 炭酸ガスレーザー治療CO2エスプリット

    • ホクロスキンタッグ
    • 特徴

      CO2エスプリットは皮膚・軟組織の切開が可能な炭酸ガスレーザー治療器機です。CO2レーザーを照射すると、レーザーが皮膚表面を透過してホクロやイボの色素細胞のみを熱で破壊するので、正常な皮膚細胞にダメージを与えることなく除去できます。

    • 価格

      保険適応のものと保険適応外のものがあります。
      料金詳細 >

    • ホクロ・イボ

ホクロ・イボ治療の流れ

①メイクを落とす(洗顔)
②医師による診察
③麻酔クリームの塗布しほくろやイボの除去
④アフターケア

ホクロ・イボ治療のQ&A

  • Q 鼻の脇に大きなホクロがあるのですが、どのような除去方法になりますか?

    やや目立つ大きめのホクロは局所麻酔での手術での切除が適応と考えます。ただし多少の傷が残りますことはご了解ください。

  • Q 首にたくさんイボがあるのですが、どのような治療がありますか?

    首は「スキンタッグ」(軟性線維腫/なんせいせんいしゅ)という小さくて柔らかいイボが出やすいところです。1つずつ切除するか、小さくて切除が難しいものはレーザーで焼灼除去します。