美容皮膚科/赤ら顔
Cosmetic dermatology / Akaragao

美容皮膚科/赤ら顔

体質だからとあきらめていませんか?赤ら顔は決して治せない症状ではありません。

頬などに赤みがある赤ら顔でお悩みの方は多くいらっしゃいます。おくぐち皮ふ科クリニックでは、これらに効果的なIPL治療器「ICON/アイコン」を導入し、赤ら顔の治療に力を入れております。

毛細血管拡張症とは?

赤ら顔に見える原因の1つに毛細血管拡張症というものがあります。通常見えない血管が何かしらの原因で拡張して、皮膚表面に近い組織の中で滞ってしまい赤く見えます。これを毛細血管拡張症による「赤ら顔」と呼んでいます。

赤ら顔の主な原因

  • 1.自律神経の乱れ

    緊張したり恥ずかしい時に顔が赤くなる反応がでる方がいます。

  • 2.皮膚が薄い

    表皮が薄い方は血管が透け赤ら顔に見えることがあります。

  • 3.気温の変化

    寒いところから暖かい所に移動した時に顔が赤くなり、そのまま戻らないことがあります。

  • 4.ニキビの炎症

    赤く炎症を起こしたニキビがそのまま色素沈着してしまうことがあります。

赤ら顔の主な治療法

  • 光治療LPLアイコン スーパーフォトセラピー

    • シミソバカス赤ら顔ニキビ痕毛穴
    • 特徴

      フォト治療・光治療とはIPLという器械を用いて広い範囲の様々な波長を照射することでシミや赤ら顔まで色々な症状に効果を発揮します。アイコンは最新型のIPL治療器で高出力の照射が可能になり、高い治療効果が期待できます。レーザーによる治療より効果はマイルドですが、痛みが少なくダウンタイムもほどんどありません。

    • 利用目安

      光治療:1ヶ月に1回/6回で1クール

赤ら顔の施術の流れ

①メイクを落とす(洗顔)
②医師による赤ら顔の診断
③医師がフォトの出力を決めて照射
④アフターケア

赤ら顔治療のQ&A

  • Q 小さな頃からりんごほっぺと言われているのですが、改善できますか?

    皮膚の毛細血管が開いたタイプの赤ら顔であれば、光治療器のアイコンが有効です。1回の施術でかなり赤みが薄くなる方もいらっしゃいます。